初の単身赴任!マンスリーマンションを活用する3つのメリット

忙しくてもすぐに住み始められる

単身赴任をする人にとってどこに住むかは大きな問題になりがちです。一人暮らしをすぐに始められるようにしなければならないという状況に立たされやすいのが単身赴任であり、異動したその日から働かなければならない忙しいケースもよくあります。マンスリーマンションを利用するメリットは、すぐに住み始められることであり、賃貸物件のように生活のための必需品を整える手間がありません。すぐに働く必要がある忙しい人にとって大きなメリットになるでしょう。

家具や家電は購入不要

費用面でも優れているのがマンスリーマンションです。単身赴任の場合には住居費は会社が負担してくれることがよくありますが、生活に必要あん家具や家電まではあまり面倒は見てもらえません。賃貸物件の場合には一通りの家具や家電を揃えることになって費用がかさみますが、マンスリーマンションの場合には購入不要です。生活が始められるように冷蔵庫や洗濯機などの基本的なものは全て揃っているからであり、費用を抑えて単身赴任をしたいときに適しています。

ホテルよりも高いコストパフォーマンス

マンスリーマンションと同じようにすぐにでも住み始められるという意味ではホテルも候補になるでしょう。しかし、広いサービスを行ってくれるホテルはマンスリーマンションよりも高額にならざるを得ません。ベッドメイクや部屋の清掃のように毎日行わなくても大丈夫なことをしてもらうためにコストが高くなっている面もあるのが事実です。その点も考えるとコストパフォーマンスが高いのがマンスリーマンションであり、単身赴任のときにはまず目を向けてみると良いでしょう。

マンスリーマンションの意外な使い道として、地方の就活生の利用が挙げられます。短い間だけで借りて、その期間だけ都市部で就活に集中する活用法もあるのです。